個人再生におけるデメリット※個人再生後の生活に影響はあるのか

個人再生におけるデメリット※個人再生後の生活に影響はあるのか

個人再生におけるデメリット※個人再生後の生活に影響はあるのか

個人再生とは借金の返済が困難となった際に行う債務整理の一種で、債務整理にはそのほかにも自己破産と任意整理の二種類があります。自己破産をすると住宅や車などの資産を手放さなくてはならないデメリットがありますが、個人再生にもデメリットがありますので、しっかりと理解をしておきましょう。

個人再生とは裁判所と通して借金の減額を行うのですが、自己破産のように住宅や車などを手放すことなく手続きを進めることができます。そして借金を帳消しにするのではなく、5分の1程度にまで減額をする方法となりますので、誰でも行えるわけではありません。現在の収入から生活費を差し引いた金額で、残りの借金を3年から5年以内に返済できると判断されなくては許可されません。

また個人再生を行った後にもデメリットとなることがあります。信用情報機関に事故情報として登録されてしまいます。事故情報とは通称ブラックリストと呼ばれるもので、全国の金融機関で共有されていますので、個人再生後には借金をすることはもちろん、クレジットカードを作ることさえもできなくなります。この登録期間は7年から10年になりますので、その期間が経過するまでは如何なることをしても削除することはできません。

官報公告されるというデメリットも個人再生にはあります。官報公告されてしまうと住所や名前が掲載されてしまいますので、それを見た闇金融からダイレクトメールが届くことがあります。そのほかにも周りの信頼を失うこととなりますので、慎重に考えてから行うようにしましょう。