官報とは?個人再生をすると官報に載ってしまう?載るとどうなるの?

官報とは?個人再生をすると官報に載ってしまう?載るとどうなるの?

官報とは?個人再生をすると官報に載ってしまう?載るとどうなるの?

借金をする理由は人それぞれ異なってきますが、いずれにせよ無計画に借り入れを続けていれば抱えきれないほどの巨額の借金が手元に残ってしまいます。
返済したくても返済に充てるお金を工面できない、また生活費がギリギリで返済していくことができるかどうかわからないといった状況が続けば精神的にもどんどん衰弱してしまうものです。
このように借金に苦しんでいる場合は債務整理を行うことで借金を整理することができますが、債務整理は何も自己破産だけではありません。
自己破産は借金を帳消しにすることができる代わりにマイホームを手放す必要がありますが、個人再生ならマイホームなどの財産を保持しながら借金の総額を大幅に減額し、利息をカットして無理のない範囲で返済していくことができるのです。
個人再生は2001年にスタートした比較的新しい制度でもあり、自己破産と任意整理の間をとったような債務整理でもあるのです。
個人再生はこのようなメリットがありますが、デメリットも存在します。
個人再生の手続きを行うことでブラックリストや官報に債務整理をしたという情報が載ります。
ブラックリストや官報に情報が載ることになると一定の期間はクレジットカードの利用が制限されてしまうので、しばらくの間は大きな買い物などはできませんが、5年~7年程度で情報は消えてしまうのでそれ以降は今まで通りクレジットカードを利用できます。
また官報に情報が載るとヤミ金業者からのダイレクトメールが送られてくるので、決して手を出さないように気を付けることが大切です。