個人再生は法律のプロに相談※知っておきたいお得な相談のコツ

個人再生は法律のプロに相談※知っておきたいお得な相談のコツ

個人再生は法律のプロに相談※知っておきたいお得な相談のコツ

借金問題の対抗策というものは、それぞれの債務者ごとに適切な手段は異なってくるものとなります。
借金を解決できる法的手続きには債務整理があって、債務整理には自己破産や任意整理など各種の手続きがあります。
自己破産や任意整理の他にも個人再生という手続きがあって、生活をしていくために住宅ローンを組んで住宅の購入を行っている人の場合で、住宅ローンを除いた部分の債務について支払っていくことが困難な状況に陥ってしまった人のときには個人再生を検討する必要があるケースとなります。
住宅ローンについては今まで通りに支払いを継続していくことを前提として、住宅ローン以外の借金の部分について借金総額が1500万円以下のときに3年間の分割返済において借金の総額における2割を支払うことで、残った8割の部分を免除してもらえる手続きとなります。個人再生を行ったときの最低返済額については、100万円は支払わなければなりません。
住宅を残しながら住宅ローンの他にも多重債務を抱えてしまっている人は、弁護士などに個人再生の相談をすることをおすすめします。
債務整理の方法には自己破産がありますが、自己破産が認められるためには免責が許可される必要があります。
自己破産の免責が認められないケースであっても、個人再生の相談をすることで借金の解決が可能です。
個人再生の手続きであれば免責不許可事由はありませんので、自己破産が認められないケースであっても、弁護士に相談して個人再生の手続きを進めることで認められることが考えられます。